Imcurrentのブログ イメージ画像

2021年02月

 「知財をビジネスに!」「知財で稼ごう!」なんて聞かれたことはありませんか? 特許庁を筆頭に、知財業界では「知的財産権」の取得や活用を推進させるために、「知財をビジネスに!」「知財で稼ごう!」と企業側に対して「知財」を最前に押し出しています。 私はメーカ
『知財の価値は商品の価値に連動!最優先は売れる商品づくり!』の画像

ここ最近は、知財絡みの投稿が多くなっていたので、商品企画・開発の投稿もと思っていたところです。 が、あるブログを見て、ん?というのがあったので、今回も知財絡みになってしまいました あるブログは、企業内の知財部員?弁理士?の方のものだと思うのですが、そのブ
『最短数か月で特許になることもあります。』の画像

「発明発掘」って聞かれたことはあるでしょうか。「発明発掘」とは、簡単に言えば、出来上がった商品やアイデアに含まれる発明を探し出すことを言います。特許事務所の業務は、特許庁に対して提出する書類の作成がメインとなりますが、この「発明発掘」を行うこともあります
『発明発掘って何?発明発掘って必要?』の画像

特許事務所には個人~大企業まで様々なお客様がお越しになられます。 当然、その中には、新規のお客様も居られるわけですが、 その新規のお客様には、これまで付き合いのあった特許事務所に不満を持たれ、新たな(対応のよい)事務所を求めて相談に来られるお客様が居られ
『自社の特許等の内容をチェックしていますか?』の画像

 これまでセミナーや人材育成支援をしてきました。 その中で、参加者の皆さんに対し「マーケティング」とは何か?と聞きますと、商品PRすること、営業すること等、様々な答えが返ってきます。 では、なぜ、統一した答えが返ってこないと思われますか? 私が商品開発コ
『商品開発を踏まえて「マーケティング」を考えてみた!』の画像

ある展示会で、公的機関の相談員もされている中小企業診断士の先生とお会いする機会がありました。その先生とは初見ということもあり、ご挨拶程度で立ち去ろうとしたところ、先生からの質問です。「お仕事は何をされているのですか?」営業しようとしてるのかな?と思いつつ
『中小企業診断士の先生との会話の一幕』の画像

情報社会と言われる現在では、インターネットを活用すれば、様々な情報を入手することができます。この情報入手に際し、多くの方はキーワード検索を利用されると思いますが、検索するキーワード(言葉)の意味や意味の広がりを意識されているでしょうか。多くの方は、対象と
『調査・分析で「言葉の意味」と「言葉の意味の広がり」を意識していますか?』の画像

 以前、「中堅・中小企業の経営者・開発責任者対象」ものづくり企業の製品開発と知的財産の在り方というテーマでセミナーを行ったことがあります。 なぜ、このテーマにしたかというと、これまで多くの企業担当者とお付き合いしてきた中で、やるべきことを気づかず、或いは
『本当にその商品に魅力はありますか?商品の魅力だけで売れていると思っていませんか?』の画像

 これまでお付き合いさせて頂いた企業の中には、新商品の開発を積極的に行おうという意識があるにも関わらず、新商品がなかなか出てこないと言われる企業がありました。 これらの企業は、新商品が出ない理由として、「アイデアがない」、「アイデアが出てこない」と言われ
『新商品のアイデア出しに苦労していませんか?』の画像

私が社会人になったバブル崩壊前は、当然に景気が良く、黙っていても商品が売れていました。そのため、商品の製造・販売だけで十分な収益が得られるため、知財を経営に活かすことを考える企業は、数えるほどしかありませんでした。しかし、バブル経済崩壊後は、商品が売れな
『その知財戦略、貴社にとって適切ですか?』の画像

↑このページのトップヘ