DSCN041111111111111

前回は、マスク用補助具「Eare」について、ざっくり説明させて頂きましたとおり、
この「Eare」は、口元や鼻へのマスクの貼り付きや、息苦しさを緩和することができます。
また、変形(折り曲げ)できる素材の採用することで、マスクを鼻の形に合わせて変形させることができ、マスクの上部を顔に密着させる(適正にマスクを着用する)ことができます。

この効果は、開発の目的通りの効果です。

しかし、ご使用いただいた方から、「このような効果もあるよね」と言われ、
お客様に気付かされた効果もあります。

例えば、
眼鏡が曇りにくい。
マスクがずれにくい。
肌荒れ防止のための保湿用シートを固定できる。
保湿シートをつけても、口元に保湿シートが当たらない。
マスク(口元)の前に何もないので、声が通りやすい(会話や歌唱がしやすい)等々

ただ、眼鏡の曇りや、マスクのずれ難さは、
マスクをきちんと付けているかどうかにもよりますし、
人それぞれの感じ方にもよるだろうと思っています。

しかし、声が通りやすいといわれれば、確かに口の前にフレームがない分、
 声が通っているように思います。
また、保湿シートを固定でき、保湿シートが口元に当たらない!なるほど~

20201118_152532_resized

開発者ではありますが、男性の私には、肌荒れなどでお困りの女性目線が足りず、
自分の作った商品の良さをお客様から教えていただきました

開発者は、息苦しさや不快感を緩和することにだけ囚われていてはダメ
マスク生活が日常となったいま、マスク着用による色々なお困りごとを色んな視点から見ることも大事ですね。

お客様から教えて頂いた効果を含め、多くの効果を発揮できるが判り、
マスク着用による、息苦しさ、不快感、肌荒れ、マスクアクネ等、マスク着用でお困りの方に、
知って頂ける日、使って頂ける日が早く来ればいいのになぁ~と思っています。

もし、Eareの普及(販売)にご興味のある方はお声がけくださいね

使い方の動画をyoutubeにアップ↓してありますので、こちらも是非ご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村