ここ最近は、知財絡みの投稿が多くなっていたので、商品企画・開発の投稿もと思っていたところです。
 が、あるブログを見て、ん?というのがあったので、今回も知財絡みになってしまいました

 あるブログは、企業内の知財部員?弁理士?の方のものだと思うのですが、そのブログには、「公開される前に特許が認められることは現状はないと認識している」とありました。

 これを見られた方で、知財を知らない方や、経験等の浅い方が、「そうなんだ!」と思われたらダメだなと思い、急遽投稿することにしました。
 ようは、「公開される前に特許が認められる」ことはあるということです。
 具体的に説明しますね。

 特許の場合、特許庁に出願し、「内容を審査してください!」という出願審査請求すると、特許庁の審査官が内容を審査し、〇×の結果を出します。
 〇なら登録料を払うと、めでたく登録です。
 ×なら、審査官に対して反論したり、内容を修正(補正)したりします。
 ×の判断が妥当だと思うと、反論等はしないことが殆どです。


 この出願審査請求は、出願から3年間の間にすることができます。なので、出願と一緒に出願審査請求はできます。
 昔は、審査に時間がかかり、出願審査請求をしても、2~3年ほど結果がでないということもありましたが、今は、1年程度で結果がでることもあります。また、早期審査やスーパー早期という制度もあり、この制度を利用すると、数か月、早ければ1か月ほどで結果がでることもあります。

 なので、出願に併せて出願審査請求を行い、早期審査やスーパー早期という制度を活用すれば、特許出願してから遅くとも数か月で結果(〇か×)がでます。〇の場合だと、出願して1か月、或いは数か月で権利になります。


 特許の場合、出願が継続しているものに関しては、出願からー年六月で出願公開公報が発行されることになっています。※早期公開という制度もあり、この制度を利用すると、一年六月を待たずに出願公開公報が発行されますが、ここでは割愛です。

 このことを見ますと、出願から一年六月(出願公開公報の発行)前に、特許になることをお判りいただけると思います。すなわち、出願公開公報が発行されないまま、特許になり、特許公報が発行されるものがあります。

 私のお付き合いしていたお客様の中にも、出願公開公報が発行される前(出願から2か月)に特許になり、業界を「ざわつかせた」と言われるお客様が居られます。

 企業の知財部門では、競合他社の出願状況等を把握するため、継続的に出願公開公報をウォッチしています。このように出願公開公報をウォッチしておけば、他社が権利化する可能性のある技術を把握でき、色々と対策をとることができるからです。

 しかし、出願公開公報が発行される前に特許になると、出願の存在すら判らないまま「独占排他権」といわれる特許権の存在が急浮上することになります。このようになると、同じような商品開発を進めていた企業は、短時間の間に種々の対策を考え、対応をとらなければなりません。
 特許公報の発行を継続的にウォッチしていることが前提ですが、今は、異議申し立て制度が復活しているため、その特許が脅威になれば、最悪でも異議申し立て制度を利用し、特許を取り消すチャンスはあります。しかし、限られた期間で証拠集め(他社商品、出願公開公報、特許公報のウォッチ)、弁理士との打ち合わせ等を行う必要があり、当事者にとってはかなりの負担になることもありますし、最悪の場合、十分な証拠を集めることができず、断念しなければならないこともあります。

 従いまして、短期間の権利化も「知財戦略」、「知財戦術」の一つですが、このやり方がすべてではなく、デメリットもあります。メリット、デメリットを比較考慮し、また、自社の状況(商品化の有無、商品化の時期等)、業界の状況等を考慮した手法を考えることが必要です。

 先の「あるブログ」にあった「公開される前に特許が認められることは現状はないと認識している」について、公開は何を意味しているのか、公報の発行?、商品の販売?の何れを意図されているのかを考えてみましたが、「認められることは現状ある」ので投稿することにしました。

 いずれにしても、競合他社に脅威になる特許とはどうゆうものかを理解しなければ、上述のようなメリットは少なく、売れる商品づくり=有効な権利づくりを理解して、商品開発(商品づくり)をする必要があります。
 多くの企業では、表面的には商品づくりと権利づくりが連動しているかのように見えますが、それは表面的であり、実際には、組織的な問題や人的な問題で、商品づくり≠権利づくりにはなっていないことが多いと感じています。
 折角経営資源を投入する以上、現状を見つめ直し、売れる商品づくり=有効な権利づくりを目指すことをお勧めします。 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村