「良い商品、良いサービスを作るだけでは、これらは売れない!」というフレーズを耳にされたことはないでしょうか。
 これは、「顧客が、商品やサービスを認知し、商品やサービスに興味を持たないと、商品やサービスが売れない」ということです。
 商品やサービスを提供している企業にすれば、そんなことは当然判っていることだと思います。
多くの企業は、それを理解した上で、今も昔も、「どうやれば、顧客に認知してもらえるのか?」、 「どうやれば、顧客に興味をもってもらえるのか?」、「どうやれば、顧客の購買意欲が高まるのか?」を試行錯誤されていると思います。

 昔であれば、自社の商品やサービスを知ってもらうために、新聞広告やテレビ広告、チラシの投函、電話での勧誘等を行っていましたが、現代では、これまでのやり方に加え、自社の商品やサービスの情報を発信するホームページ(WEBページ)の設置が常識となっています。

 自社のホームページ(WEBページ)を見栄え良く作ったり、独自性のあるものにすれば、サイトに訪問して頂いたお客様にも良い印象を与え、興味を持ってもらえる可能性も高まると思います。

 しかし、ホームページを設置するだけでは、これに気づいて貰えないため、SEO対策が必要と言われています。結局、商品やサービスに気づいて貰う(認知してもらう)ために設置したホームページも、商品やサービスと同様に、認識して貰える対策が必要ということです。
 SEO対策(Search Engine Optimization(検索エンジン最適化))は、インターネット検索において、上位の表示されるようにする対策を言います。この対策を講じれば、インターネット検索の結果として上位に表示され、これによって顧客の注目を集め、注目されやすくなるとされています。

 私は、企画商品の販売を行うこともあり、ホームページを作り、自分なりにSEO対策をしてみました。
 当然、プロの目からすれば、見栄えも悪く、それではSEO対策になっていないと言われると思います。
 そのためか(そのためと言った方がいいと思います)、ホームページを作り直しませんか?SEO対策をしませんか?という勧誘の電話が何度も来ました。
 費用の面もあるので、全てお断りしていますが。

 そこで、SEO対策について考えてみました。
 上述のように、ホームページの設置、SEO対策が常識化しつつある現在、これらを売りにする企業も無数にあります。どこもが、売上アップ、検索上位等をうたっています。
 みなさんは、このプロ集団にSEO対策をお願いして、実際、売上アップや検索上位になると思いますか?

 私自身、多額の費用を投じてSEO対策をしても、売上アップや検索上位になる保証はないと考えています。
 実際、調べてみると、SEO対策で効果を感じないといった投稿も少なくありません。

 なぜでしょうか。

 SEO対策は、広い意味では、無数にある情報から自社の情報が目立つようにすることと言えますが、現実のところ、特定の業界(同業他社の商品やサービス)の中で目立つ、注目を浴びることに焦点を当てていることになります。SEO対策には、外部流入やリンク先の設定等、様々な対策がありますが、筆頭として、キーワード検索に使用される可能性の高いキーワードを設定しておくことになります。
 そうしますと、同業他社もSEO対策を行い、同じようなキーワードを設定することになります。
 その結果、必ずしも検索結果で上位表示されないということになり、効果がないということになってしまいます。

 SEO対策ということが注目され始めた頃であれば、SEO対策を真っ先に取り入れた企業であれば効果を感じられたかもしれませんが、SEO対策が常識化してきている現状では、常套手段としてのキーワード設定を中心とした対策では効果を感じられないと思っています。

 では、まったくSEO対策をする必要はないのかというと、そうではありません。
 他社がSEO対策をしている以上、自社もSEO対策をしなければ、土俵にも載れないことになる可能性もあり、やはり、最低限のSEO対策は必要だと思っています。

 SEO対策を専門とする企業にSEO対策をお願いする場合、常套手段(キーワード設定)だけでなく、その他に、どのような対策があり、その対策ではどのような理由で、どのような効果が得られるのかを確認する必要があると思いっています。
 当然、常套手段以外の対策をとる場合には費用もアップすると思いますので、土俵に乗るだけでいいとするのか、あらゆる対策をとって検索での上位表示(認知度アップ)を狙うのかを踏まえ、SEO対策企業の選定やプランの選定をする必要があると思います。

 上述の通り、私は、自分でホームページを作り、SEO対策をしている(しているつもり)状況のため、専門会社からも目につけられて営業のターゲットにもされました。
 その証拠に、当初は、屋号の「Imcurrent」と検索してもヒットせず、企画商品の「Eare」を検索してもヒットしませんでした。
 しかし、今では、上位に表示されるようになってきています。
 本来のSEO対策では、名前ではなく、自社のサービスや商品に関連するキーワードを入力することで上位表示させるようにしなければなりませんが…

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村