みなさん、開放特許ってご存じですか?


「開放特許」は、第三者に対して実施の許諾の準備がある特許を言います。
簡単にいえば、開放特許とは、特許権者が第三者に使って貰っていいですよ!といっている特許をいいます。

「開放」と聞くと、自由に使える特許。ただで使える特許。と誤解されている方もおられるかもしれませんが、そうではありません。


「開放特許」は、ライセンス契約を前提としており、ライセンス契約をした第三者は契約に応じた内容で活用することになります。
従って、一般的なライセンスと同様に、実施(製造・販売)の範囲等も契約の内容次第になりますし、ライセンスフィーの有無等も契約の内容次第になります。
ようは、「開放」特許といっても、なんでもかんでもOKではなく、交渉の上で契約の内容が決まり、その契約内容に応じた実施が可能となります。

開放特許は、
開放特許情報データベース(https://plidb.inpit.go.jp)
で調べることができます。

ただ、このデータベースは、ライセンスの準備がある(中には譲渡の準備があるというもののありまう)という権利者自らが登録した特許が掲載されているため、これだけを見れば、ライセンスの準備がある特許すべてが判るものではありません。

また、ライセンスや譲渡の準備があるという特許には、権利者が実施していない、いわゆる休眠特許と言われるものも存在します。ようは、権利者である企業で、使わないものや、何らかの理由で実施できないもの、自分達にとって価値がないもの等も含まれている可能性があります。

従って、データベースで発見した開放特許を活用しようとする場合には、
少なくとも以下の点に注意しなければなりません。

①開放特許の内容の確認(技術的内容の確認)
①技術的な代替案の存在の有無の確認(技術的内容の検討)。
②自社で実施できる内容か否か(自社技術・設備の検討)。
③ライセンスフィーを支払ってまでも実施する価値があるか否か(費用対効果の検討)。

とある銀行の広報資料を見たところ、自社に不足する技術は開放特許で補填というような記事がありましたが、そのような技術が開放特許として存在する補償もありません。

従って、自社で商品やサービスの企画・開発ができるのであれば、自社独自の技術を確立し、それに対する権利取得を目指すことが先決です。
このように、自社で商品やサービスの企画・開発にチャレンジしたみたものの、解決できない技術がある場合に開放特許を探索してみてもよいですし、障害となる特許がある場合に、その特許が開放特許であるか否かを確認してもよいのではないでしょうか。

上述の如く、データベースに掲載されている特許のみが、開放特許ではありません。
一般的には、他社の特許等があると、侵害回避の検討等を最優先で行いますが、もし、その他社の特許が実施されていないような場合には、データベースに掲載されていない開放特許の可能性もあり得るため、この点も踏まえて検討してはいかがでしょうか。

※開放特許データベースにトヨタ自動車の開放特許が多数ありますが、これら(全てではないと思います)は、多くの企業に開放特許を使用して貰うことで、電気自動車(ハイブリッド自動者)の技術的なプラットフォームの構築(市場構築)を目指して開放しているとの話を聞いたことがあります。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村