Imcurrentのブログ イメージ画像

経営

オープンイノベーションという言葉を耳にするようになって久しく、多くの企業が大学等と共同研究や共同開発を進めています。また、企業同士でも、新商品や新サービスについての共同開発を進められています。このように、複数の組織が共同研究や共同開発を行った場合、その成
『共有の知的財産権について、両者でちゃんと取り決めをしていますか?』の画像

4月5日に韓国LGがスマホ事業の撤退を発表しました。4月5日付の日経新聞の記事には、「…外部への技術流出を懸念して売却を断念した。…コスト削減を進めたが、黒字化の道筋が見えなかった。事業を売却すれば自社のスマホ関連の特許が外部企業に渡ってしまうという懸念も
『韓国LGのスマホ事業撤退!技術流出阻止?特許譲渡阻止?』の画像

なぜアイデアを権利化すのか?主たる目的は、自分(自社)のアイデアを守り、第三者にアイデアを自由に使われないようにするためです。アイデアを権利化する場合、特許で権利化するか、実用新案で権利化することになり、何れで権利化しても、権限のない第三者が権利を侵害し
『【要注意】 実用新案には「過失の推定」がありません!』の画像

特許等の知的財産権を取得するための書類作成には、法律的な知識や技術的な知識が必要で、さらには、出願書類の内容の良否を判断するための審査基準等の知識も必要です。知的財産に関する法律は、色々な規定が絡み合っており、さらに審査基準の内容を踏まえると、出願書類の
『特許事務所から送られてきた特許・実用新案の出願用の原稿に、意味のない請求項はありませんか?チェック段階で指摘しましょう!』の画像

「プロダクトアウト」/「マーケットイン」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか。「プロダクトアウト」/「マーケットイン」とは、メーカーが新商品を企画開発する際の姿勢(態様)をいいます。「プロダクトアウト」/「マーケットイン」のそれぞれについて、簡単に説
『自社の新商品の企画・開発は、プロダクトアウトですか?それともマーケットインですか?』の画像

みなさん、開放特許ってご存じですか?「開放特許」は、第三者に対して実施の許諾の準備がある特許を言います。簡単にいえば、開放特許とは、特許権者が第三者に使って貰っていいですよ!といっている特許をいいます。「開放」と聞くと、自由に使える特許。ただで使える特許
『開放特許をご存じですか?』の画像

以前、「〇〇戦略という罠にはまっていませんか?」という投稿をしました。この投稿では、戦略立案で満足し、戦略あって戦術なしの状況になっていたり、戦略と戦術とが乖離している状況になっているケースが多いということ書いています。このように「戦略」中心の状況になる
『戦略から戦術に落とし込むには、豊富な実践経験が必要不可欠!』の画像

先日、新規事業を計画されている企業経営者と面談する機会がありました。その企業経営者によれば、新規事業には、基礎となる技術(大学の教授が研究され、理論的に確立されている(必要なエビデンスが揃っている技術))を利用した商品が必要であり、この技術をベースに商品
『基礎となる技術があるからといって、安易に商品開発に着手すると経営を圧迫することもあります。』の画像

特許等の知的財産権は、独占排他権であり、権利の範囲内において、業として商品の製造・販売等を独占的に行うことができます。特許等の権利を取得している企業は、市場を独占し、自社が製造・販売すれば、第三者に支払う中間マージンが少なくなって利益率は高まるため、市場
『中小メーカーこそ、ライセンス許諾できる権利取得を念頭に!』の画像

私が特許事務所に勤務しているときは、権利化できるアイデアやデザインについては、企業に対して権利化を積極的に薦めていました。しかし、権利化には思った以上の費用がかかり、企業規模が小さいと、その費用は馬鹿にならず、途中で権利化を断念される場合もあります。現実
『知的財産権がなくても商売はできます!しかし、最低限のリスク回避の対策が必要です。』の画像

↑このページのトップヘ