Imcurrentのブログ イメージ画像

特許

企業における経営戦略とマーケティング戦略は表裏一体の関係とも言われています。具体的には、経営戦略とは、企業の経営目的を達成させるための方策全体を言い、マーケティング戦略とは、企業のおかれている現状を把握し、経営目的を達成させるための中長期的な計画をたてる
『新商品の企画開発と知財の権利化は、マーケティング戦略における戦術です!』の画像

なぜアイデアを権利化すのか?主たる目的は、自分(自社)のアイデアを守り、第三者にアイデアを自由に使われないようにするためです。アイデアを権利化する場合、特許で権利化するか、実用新案で権利化することになり、何れで権利化しても、権限のない第三者が権利を侵害し
『【要注意】 実用新案には「過失の推定」がありません!』の画像

特許等の知的財産権を取得するための書類作成には、法律的な知識や技術的な知識が必要で、さらには、出願書類の内容の良否を判断するための審査基準等の知識も必要です。知的財産に関する法律は、色々な規定が絡み合っており、さらに審査基準の内容を踏まえると、出願書類の
『特許事務所から送られてきた特許・実用新案の出願用の原稿に、意味のない請求項はありませんか?チェック段階で指摘しましょう!』の画像

特許権や意匠権等の知的財産権は、独占排他権と言われ、権利者は、権利の範囲内において、第三者の製造・販売等を排除して商品を独占的に製造・販売等を行うことができます。この点については、知的財産権を取得するメリットとして多くの方がご存じだと思います。しかし、知
『知的財産権で市場を独占することだけを意識していませんか?』の画像

私は、メーカーで色々な商品を企画・開発を経験してきたこともあり、知財業界でもやっていけると思い、知財業界に入りました。しかし、現実はそんなにあまいものではありませんでした。私のデビュー作は、アイデアレベルのものであり、緊急を要しない案件でした。私としては
『知的財産権を取得する書類作成の奥深さを理解してますか?』の画像

本日は、2連投になってしまいました。その理由は、最後に書いてありますので是非お読みください。知財(特に特許の場合)において、「広くて強い権利」が良いとされています。この「広くて」というのは、権利の範囲が広いということであり、例えば、他社が材質や形態等を変
『「広くて強い権利」が良いと言われていますが…』の画像

私が社会人になった30年前、情報収集は足で稼ぐことが主流でしたが、今では、ネット経由で色々な情報を入手できる時代になり、非常に便利な時代になりました。しかし、その業界でプロとして活動している人にしてみれば、?と思うような情報や、誤解を招いているような情報
『あなたの実用新案は大丈夫?』の画像

ここ最近は、知財絡みの投稿が多くなっていたので、商品企画・開発の投稿もと思っていたところです。 が、あるブログを見て、ん?というのがあったので、今回も知財絡みになってしまいました あるブログは、企業内の知財部員?弁理士?の方のものだと思うのですが、そのブ
『最短数か月で特許になることもあります。』の画像

特許事務所には個人~大企業まで様々なお客様がお越しになられます。 当然、その中には、新規のお客様も居られるわけですが、 その新規のお客様には、これまで付き合いのあった特許事務所に不満を持たれ、新たな(対応のよい)事務所を求めて相談に来られるお客様が居られ
『自社の特許等の内容をチェックしていますか?』の画像

↑このページのトップヘ